2017年3月13日掲載 | 協会情報 |

新規選手登録について


登録方法

① 各県の障害者陸上競技協会へ連絡して、個人情報を登録してください。
② 各県の協会に会費を支払って下さい。
③ 初めて出場する大会で「クラス分け」を受けて下さい。

 

<登録とは>
・日本パラ陸上競技連盟に選手登録します。
<会費とは>
・日本パラ陸上競技連盟の会費、九州パラ陸上競技協会の会費、各県協会の会費です。(九州パラと日本パラの会費は3~4月に各県でまとめて九州パラに収めます)
<クラス分けとは>
・障害の程度に応じて、選手を各クラスに分け、クラスごとに日本記録・アジア記録・世界記録を競います。(国内にしかないクラスもあります)
・全国障がい者スポーツ大会のクラス分けとは全く違います。(別ものです)

未成年(20歳未満)の選手の注意

未成年者(20歳未満)の選手は、競技会(大会)に参加し、「ドーピング・コントロール」の対象となることについて、親権者からの「同意書」が必要となっています。
http://www.playtruejapan.org/u20-agreement/
こちらから、同意書を印刷し、捺印して各県の協会へ提出をしてください。

<ドーピング・コントロールとは>
不正な薬物を使用していないか、競技会開催中、出場選手の中からランダムに選ばれ、突然検査員がやってきます。検査員から指示があったら従い検査を受けて下さい。その際、競技終了後までかかる場合もあります。)

絶対に把握しておきたい事

1 アンチ・ドーピング
「ドーピング」という言葉は聞いたことがあると思います。これから選手として活動するには、必ず知っていないといけません。
自分が服用している薬がアンチ・ドーピング違反なんてことになれば、大変なことになります。
選手個人・ご家族でしっかりと把握しておいてください。

薬の名前で確認できるサイト
http://www.globaldro.com/JP/search
日本アンチ・ドーピング機構
http://www.playtruejapan.org/
お薬について相談できる近くのスポーツファーマシスト検索
http://www3.playtruejapan.org/sports-pharmacist/search.php

 

2 競技団体
<組織>
日本パラ陸上競技連盟 http://jaafd.org/

九州パラ陸上競技協会 http://9srk.jp

各県の協会

 

3 選手登録&クラス
<国内登録>
・国内の大会に出場できます。
4~5月 大分パラ陸上(IPC公認)
5~6月 日本パラ陸上競技選手権(IPC公認)
7~9月 ジャパンパラ陸上競技大会(IPC公認)
7~9月 関東パラ陸上競技選手権大会(IPC公認)
6~7月 中国・四国障がい者陸上競技大会
7~8月 北海道・東北障がい者陸上競技大会
10~11月 大分国際車いすマラソン大会(IPC公認)
3月 東京マラソン 他

<国際登録>
・一般に「IPC登録者」と言います。
・IPC登録には「国際」のクラス分けが必要となってきます。
・IPC登録は、記録に関係なく登録ができますが、将来日本代表を目指すなら必ず必要となってきます。(海外のIPC公認大会にも出場できます)

詳しくは、日本パラ陸上競技連盟のサイトでご確認ください。
http://jaafd.org/

目標となる記録

・日本記録サイト http://jaafd.org/contents/code/record
・世界記録サイト https://www.paralympic.org/world-records/athletics

登録用紙


ページ上部に